未分類

Googleからスパム判定を受けてしまったら?覚えておきたい正しい対処法

Pocket

Googleによるスパム判定とは、「検索エンジンに対して不正な行為を働き検索結果上位表示を目論む行為」に対する制裁のことです。

Googleの指針に違わないよう丁寧なコンテンツ作成に努めている方ならば基本的には問題になりませんが、ごく稀に意図しないスパム判定を受けてしまうケースもあります。

知らず知らずのうちにGoogleの定めるガイドラインに違反してしまい、せっかく築き上げてきたサイトの信頼性を失ってしまっては元も子もありません。

今回は、良質なコンテンツを作成する皆様にも最低限知っていただきたいスパムに関する知識と、万が一スパム判定を受けてしまった場合の正しい対処法をご説明いたします。

1.Googleスパム判定の種類

spam

Googleのスパム判定には大きく分けて2種類あります。

  • Googleのアルゴリズムによる自動スパム判定
  • Googleのスタッフによる手動スパム判定

ではそれぞれのスパム判定についてご説明いたします。

1-1.自動スパム判定

自動スパム判定とはGoogle独自の検索アルゴリズム違反の判定です。主にパンダアップデートやペンギンアップデートといった検索アルゴリズム変更が行われた際に、基準に相違するサイトに対して自動スパム判定が行われる傾向にあります。

そしてこの自動スパム判定の困った点は、後ほどご紹介する”手動スパム判定”と異なり、サイト運営者に対して何の通知も行わないという点です。

つまり、自動スパム判定をされていても気づかないというケースがかなり多いのです。もしいつものようにGoogle Search Consoleの検索アナリティクスを確認した際に、数値が激減していたら自動スパム判定を受けた可能性を考慮するべきでしょう。

1-2.手動スパム判定

手動スパム判定は、検索アルゴリズムにより自動的にスパム判定されるケースと異なり、Googleのスタッフがサイトを閲覧して手動でスパム判定をするものです。「このサイトはガイドラインに違反してますね…ちょっとまずいのではないかな…」とGoogleの社員さんが直接判定を行なっています。

サイトが手動スパム判定されると、サイトに重大な影響を及ぼします。具体的には、

  • 今まで上位だったキーワードがランキング圏外に飛ばされる
  • Googleのデータベース(インデックス)から削除されて検索結果に表示すらされなくなる

といったケースが多く、後ほどご説明するスパム判定解除の再審査が通っても元いた順位に戻すことは極めて困難となります。ただし、手動スパムに関しては以前横行した有料リンク購入やブラックハットSEOなどを行わない限り基本的には判定を受けることはありません。

WEB担当者のSEOに関する知識不足でちょっとまずいことしてしまったかもしれない…そんなことが無いように常にGoogleの品質ガイドラインを確認して、基準に適合するよう努めるべきです。

2.Googleからスパム判定を受ける原因

自動スパム判定については、当然ながらGoogleは検索アルゴリズムを公開していないため、推測の域に止まります。

しかしながら、サイトに重大な影響を及ぼす”手動スパム判定”については公開のガイドラインが存在しているのでここで一度確認しておきましょう。

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

出典 : Google Search Console ウェブマスター向けガイドライン

後ろから3番目に列挙されている「フィッシングやウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成」に関しては、不正指令電磁的記録に関する罪(刑法168条の2及び168条の3)に該当する犯罪行為です。

どれも良質なコンテンツの発信に努めているサイト運営者からすれば「そんなことするわけありません。」と言いたくなるような項目ばかりです。しかし、Googleが明示的にこれらの項目を列挙するということは、以前はこのような不正行為が横行していたことを意味しています。

いわゆるブラックハットSEOに該当するような行為を行なった場合、軒並み手動スパム判定が下されるということです。

では万が一スパム判定を受けてしまった場合は、一体どのように対処したら良いのでしょうか?

3.Google自動スパム判定を受けた場合の対処法

Googleの検索アルゴリズムによる自動スパム判定は、冒頭でも説明した通り、サイト運営者に対して何の通知も行いません。

ふとGoogle Search Consoleを確認した際に「あれ…順位がおかしい…」と気づくことが圧倒的に多いのです。もし自動スパム判定を受けている可能性が疑われる際には、以下の4ステップを実行します。

3-1.Google Search Console 検索アナリティクスを確認する

まずは自動スパム判定を受けているかどうかを確認します。Googleから具体的な通知がくる訳では無いのであくまで「スパム判定を受けている可能性が高い」という推測のお話になります。

  1. Google Search Consoleより、”検索トラフィック”をクリック
  2. “検索アナリティクス”をクリック
  3. 数値に大きな変動があるか確認

検索アナリティクスから数値を確認し、今まで上位にいたキーワードが突然圏外に吹き飛ばされている場合は、検索アルゴリズム変更による自動スパム判定の可能性が高いと言えます。

3-2.検索アルゴリズムのアップデート情報を確認する

アルゴリズムがアップデートされた時に、自動スパム判定を受けるケースが多いと言われています。

実はGoogleの検索アルゴリズムは年に数百回以上変更されているのです。小さな変更の場合にはいちいち公式で発表することは無いですが、パンダアップデートやペンギンアップデートといったアルゴリズムの大幅変更を行う場合には、その旨の発表を行っています。

WEB担当者の方は、日頃からGoogleのアルゴリズムに関する情報にアンテナを尖らせておくと良いでしょう。「Google アルゴリズム アップデート」などと検索し、日頃から情報の収集に努めることが大事です。

アップデートがあった場合には、そのガイドラインを丁寧に確認し、自社サイト上での該当箇所に目星をつけておきます。

3-3.すぐには該当箇所を修正しない

該当箇所と思しき部分を発見しても、目星をつけるだけですぐには修正しない方が良い場合もあります。(ただし、悪質な行為と判定されるようなものは除きます。)

該当箇所を発見次第すぐに修正をしてしまいそうですが、先ほども説明した通り、アルゴリズムは年間数百回以上の変更を行なっています。

アップデート後に大きく順位が変動していても、その後また度々アルゴリズムが変更され順位が元に戻る可能性もあるのです。順位の大幅変動後は2週間程度様子を看ておきましょう。

3-4.経過を見て順位に変動が無い場合該当箇所の修正を行う

しばらく経っても順位が元に戻らない場合は、目星をつけた該当箇所の修正を行なってみましょう。修正後に順位が戻っていれば、当該箇所に問題があったということになります。

修正したのにも関わらず一向に順位が元に戻ってくれない場合は、基準に則った修正がきちんと行われていないか、修正箇所を誤っている可能性があります。

もう一度自社サイトをじっくりと確認してみることをお勧めいたします。

4.Google手動スパム判定を受けた場合の対処法

続いて、サイトに重大な影響を及ぼす手動スパム判定を受けてしまった場合の対処法についてご紹介いたします。

こちらは少しだけ複雑なので、しっかりと手順を頭にいれておいてください。

4-1.Google Search Consoleの”手動による対策”を確認する

google search console

手動スパム判定を受けた場合には、Google Search Console(旧 : Google ウェブマスターツール)宛に、手動スパム判定を行なった旨のメッセージが届きます。以下の手順で確認してください。

  1. Google Search Consoleの”検索トラフィック”をクリック
  2. “手動による対策”をクリック
  3. 通知が来ているかどうかを確認

もし通知が届いている場合には次のステップに進んでください。

4-2.スパム判定の内容を確認する

通知の内容には、あなたのサイトのどのような点がスパムと判断されたのかが記載されています。

最も多いケースは、アルゴリズムが変更される前にSEOを担当していた方が購入していた価値の低い有料被リンクによるスパム判定です。大量の被リンクを購入してしまっている場合、全て解除するのはかなり大変な作業になります。

業者に問い合わせるなどしてリンクを外してもらうよう依頼しましょう。

そうしてスパム判定されてしまったのかを正しく理解するよう努めてください。

4-3.バックリンクの否認を行う

有料リンクなどが原因の場合、業者に依頼をしてもその全てを解除してもらうことは困難です。かといってそのまま放置すれば、サイト自体のランクを大きく下げてしまいますので、自主的にも措置を講じる必要があります。

その場合、バックリンクの否認を行いましょう。バックリンクの否認とはページランクに悪影響を与える可能性のあるリンクを自社サイトから切り離し、「自分のサイトとは無関係のものです。」と、関係を否認する方法です。

詳細については「Google Search Console バックリンクの否認」をご覧ください。

バックリンクの否認は、悪質なリンクと自社サイトの関係を断つことができなかった場合の極めて補充的措置ですので、ご利用の際は「本当にそのバックリンクが原因なのか」を確かめてから行うようにしてください。

4-4.ガイドラインに適合するよう直ちに是正措置を講じる

スパム判定の内容を確認しリンクの否認など必要な準備を行なった後は、Googleの品質ガイドラインをよく読み、直ちに是正措置を講じてください。その際、

  • どのような点がGoogleからスパムと判定されたか
  • それに対して自分たちが行なった具体的是正措置を行なったのか

しっかりと説明できるようにしておきましょう。

4-5.レポートを作成しGoogleに再審査を依頼する

自動スパム判定と異なり、是正措置を講じただけでは手動スパム判定は解除されません。必要な措置を講じた後に、レポートを作成してGoogleに対してサイトの再審査を依頼する必要があります。

その際、先ほど書き留めておくように説明した項目を記載し、ガイドラインに則ったサイトへと改善した旨を報告すると同時に再審査のリクエストを行います。

Googleの審査に通過するまで、ここまでのステップを繰り返し行う必要があります。

4-6.審査通過後に再インデックスを確認する

Google Search Console宛に審査通過の連絡がきてしばらくすると手動スパム判定は解除されます。

時間を置いたら、インデックスステータスを見て再インデックスされているか確認しましょう。

何度言いますが、再インデックスされたからといって以前の検索順位が復活することはありません。今後少しでもサイトの質をあげてGoogleからの信頼を取り戻せるよう努めるようにしましょう。

5.最悪の場合はドメイン変更も

これは本当に最終的な手段となりますが、有料リンクやディレクトリサービス、リンクファームなどを利用してしまい、バックリンクの否認措置などではもうどうにもならない場合はドメインの変更も視野に入れる必要があります。

特に、サイト自体がスパム判定を受けている場合はこの措置を取らざるを得ないこともあります。

また、Googleへの再審査を繰り返し行うことにリソースを割くよりも、いっそドメインを変更してクリーンな運営を行なっていくことに注力したほうが良いという判断をする方が合理的な場合もあります。

そこは現在のスパム判定を解除するために必要な時間と人的リソース等のデメリットや、ドメイン変更後に失われる利益を比較考量して決すべきでしょう。

いずれにせよドメイン変更は謙抑的な手段であり、慎重な検討が必要になります。

ガイドラインに適合するようなクリーンなサイト運営を

今回はGoogleによりサイトがスパム判定されてしまった際の対処法についてご紹介しました。

サイトに蓄積されたコンテンツは、会社にとってとても重要な「資産」に他なりません。一度スパム判定を受けるとトラフィックの激減だけでなく、会社自体にも大きな損害を与える可能性があります。

コンテンツマーケティング施策などにより、自社サイトからお問い合わせや資料請求といったリード獲得を行なっている場合は尚更です。

日頃からGoogleの検索アルゴリズムのアップデートやガイドラインなどの情報にアンテナを張って、クリーンなサイトを運営を心がけるようにしましょう。

サイトは会社の資産であるということを決して忘れないでください。

Pocket

関連記事

  1. 未分類

    外部リンク対策は質も重要?新人WEB担当者が押さえるべき3つの基本

    外部リンク対策は、内部リンク対策と異なりテクニック的な要素はあまり多く…

  2. 未分類

    WEBサイトにおける「パフォーマンス」と、その効果は?

    コーポレートサイト、WEBメディア、ブログ、ECサイトなどなど、様々な…

  3. 未分類

    スパムって何?スパムを起こさないための基礎知識

    WEBに携わっている人であれば聞き馴染みの深い単語である「スパム」。…

オススメ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. google-spam
PAGE TOP